通水テストを効率化、ワンタッチおねじジョイントで課題解決!

導入の目的

 

 ① 検査対象の配管おねじ(ワーク)にシールテープを巻き、通水テスト供給ホースをねじ込んで接続して
   いる。取り付け、取り外しに時間がかかるため通水テストを効率化を図る。
 ② シールテープの切れ端が配管に流入するトラブルが過去に発生した。
導入製品
 < ワークにあわせて専用設計したワンタッチおねじジョイントのご提案 >
 

 

ポイント

 

 ① ワンタッチで接続。おねじジョイントをワークに押し付けるだけで接続完了。
 ② 接続と同時に内蔵されたパッキンにより端面をシールするためシールテープ不要。
 ③ ワンタッチで離脱。おねじジョイント外周部(スリーブ)を引くことで瞬時に爪が開放され離脱します。
 ④ 構造がシンプルなのでメンテナンスが容易。
導入後のお客様の声
 * 1日当たりの検査可能台数も80台から240台と3倍になりました。
 * シールテープは扱いが面倒で、検査後にきれいに取り除くのも手間でした。
 * 切れ端が流入してしまうというトラブルも未然に防ぐことができるので、安心して検査作業を行うことが
   できるようになりました。