高圧ホースの耐圧試験用ワンタッチカプラー、80MPaにも耐えられます!

導入の目的

 

 ① 高圧ゴムホースは出荷前に全数耐圧試験を行っている。
 ② 接続金具とホースの加締め部からの漏洩がないかを、ホースの最高使用圧力25MPaの3倍以上75MPaから
   80MPaもの圧力をかけて検査される。
 ③ 今までは検査装置に1本1本トルク管理をしながらネジ込み接続して取付けていたので時間と労力が
   かかり、生産のボトルネックになっている。大口受注があった際は人海戦術で検査をこなしている。
導入製品
 < 耐圧仕様のコレットジョイント式ワンタッチカプラーのご提案 >
 

 

ポイント
 ① 検査装置に耐圧仕様のコレットジョイント式ワンタッチカプラーを取り付けておきます。
   離脱用のエアチューブをカプラーに接続します。
 ② 接続金具を加締めたホースをカプラーに押し当てると、カプラー内部のシリンダーがガッチリと締結し
   ます。
 ③ 正しく接続されているかどうかはっきりと判るように、ロックスリーブの内部スプリングに強化バネを
   採用し、ロック音と振動を標準仕様より大きくしました。(締結されると、カシャン!と鳴ります)
 ④ 検査後、離脱用エアーを入れる(エアチューブのバルブを開放)するだけでホースを外すことができます。

 

導入後のお客様の声
 * 高い耐圧性能が求められる製品なので、全数検査は必ず行わねばならないのですが、以前から増産に
   向けてのボトルネックになっている工程で悩まされてきました。圧倒的に作業効率が改善されました。

 * ワンタッチカプラーは楽だけれども、装着ミスが分かりにくく高圧条件での使用は難しいと思っていま
   した。実際に取り付けてみると、締結したことが音と感触ではっきりと伝わってくるので安心して使え
   ます。